インプラント術後の過ごし方と注意点は?

インプラントは従来の治療とどう違うのか、その実態を探る

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

インプラントとは何かを考える

インプラントの手術は、インプラント埋入手術になりますが、インプラントの種類や患者の状態により一回で終わらせるものと二回行うものがあります。 一回で終わらせた方が体への負担は少ないように思えますが、それも患者の状態に合わせて行うので一概には言えません。 続きを読む

インプラント手術は一回法と二回法がある

インプラントというのは体内に埋め込む医療機器の総称です。
ですのでペースメーカーや人工関節、美容外科などで使われることの多いシリコン素材等もインプラントになります。しかしこれらの医療機器は通常インプラントと呼ばれることはなく、医療機器そのものの名称で呼ばれることがほとんどになります。人工歯根であるインプラントは正確には歯科インプラントと言いますが、あえて歯科とつけなくてもそれ以外の医療機器(ペースメーカー等)をインプラントとして説明することはない為、歯科インプラントは通常インプラントとして患者さんに説明をしているところが多いと思います。歯科インプラントに関しては、人工歯根であることは患者さんに説明はしますが、もうすでにインプラントという言葉の方が馴染みが深くなってきていることもあり、人工歯根よりも患者さん側に受け入れられ安く、インプラントとして説明をしているところも多いのではないでしょうか。
そして歯科インプラントの材料として使われているのがチタンとチタン合金です。どちらも骨との結合性が高いことから昔から使われてきています。更に結合性を高めるために、歯科インプラントの表面は日々改良され続けてきているそうです。
とても高い医療技術が必要なこのインプラント手術ですが、実は海外では紀元3世紀頃にその手術をしていたのではないかという記録があるほどその歴史は古いものです。しかし今のようにしっかりとした術式が確立されたのは1980年代に入ってからというまだ新しい外科手術になります。

インプラント手術には利点もあるが欠点もある

インプラントは欠損した箇所に埋め込むことにより自分の歯で噛んでいる感覚を取り戻すことが出来、取り付け型の義歯と違い他の歯に負担をかけることもありません。 しかし外科手術になるので患者さんの身体への負担は大きく、持病を抱えている場合は手術できないこともあります。 続きを読む

インプラント手術は終わって終了ではない

インプラント手術は外科手術であるので、他の歯科治療と違い終わったら終了というわけではありません。 一回法で義歯装着まで終わらせたとしてもその後に本物の歯を入れるまでは終了ではありませんし、骨の結合が上手くいかないこともあるかもしれないので術後観察は非常に重要です。 続きを読む

▲トップへ戻る